新入社員の時に社員研修を受けました

自分が大学を卒業して、企業に就職した時に新入社員全員が合宿という形で社員研修を受けました。
会社側が用意していたもので、外部の業者に委託して講師を招いて研修が二日間にわたって行われました。
みな新入社員は大学生から初めて社会人になるということもあり、社会における礼儀作法などから細かく教えてもらいました。
営業マンとなるからには名刺交換の仕方やエレベーターで上司と一緒に乗った時の立ち位置、さらにはタクシーに上司と乗った時の座る位置など、さまざまなことを社員研修で学びました。
それだけではなく、これから会社員として会社の歯車として働いていく上で大切な協調性なども学びました。
そして、グループになって一つの目標に向かって試行錯誤して、物事を進めていったり、とにかくたった二日間の間でさまざまなことを学びました。
会社としての狙いは、社会人としての在り方を学ばせることだけではなく、それぞれの適正も確認していた感じです。
研修を行ったことで、仕事も意外とスムーズに運びました。